今年最後の

kobo park

 今年5回目のプロ野球観戦。試合は岸の粘投にもかかわらず2対4で負け。今年の僕の観戦成績も1勝4敗になってしまった。

 敗戦の原因は相変わらず打線だ。イーグルが7月まで好調だったのは、茂木、ペゲーロとウィラーでもっていたことが判った。この3人が調子を崩したら全体がだめになった。他の選手は普通だったんだ。これで、2位どころか3位も危うくなってきた。嗚呼。

Photo: Canon PowerShot S120

音なしの構え

 今日の朝刊に「死ぬまでに絶対読みたい大長篇」という特集を組んでる雑誌の広告が載っていた。

 僕はけっこう成績がよくて、この雑誌に取り上げられていた作品のうち、「カラマーゾフの兄弟」、「白鯨」、「源氏物語」、「戦争と平和」、「ドン・キホーテ」、「ユリシーズ」、「失われた時を求めて」をすでに読んでいた。読んでいないのは「重力の虹」と「大菩薩峠」の2作品。

 「重力の虹」という小説を実は僕は知らなかった。ネットで検索したらトマス・ピンチョンの作品とのこと。「大菩薩峠」は言わずと知れた中里介山の作品だ。

 「重力の虹」はなにやら超難解な小説らしく食指が動かなかったが、「大菩薩峠」のほうは作品名を見た途端に読みたいホルモンがわっと噴き出した。S市図書館のライブラリーをネットで検索したら在庫がある。さっそくポチッと予約。全20巻。さあ、読むぞお。

Unique Woman

 職場の同じ誕生月同士の飲み会。今まで一度も話をしたことのない隣の課の女性が真向かいに座った。この女性がきわめてユニークで、ストレートの長い髪にノーメイクの顔。話はすべて直球で口が悪い。

 以前からかなり変わった女性だとは思っていたけど、これほどとは思わなかった。けれども、不思議と人を不愉快にさせない術を心得ていて、飲んでいて楽しかった。

やっとさん

 皆川博子「海賊女王」読了。1200ページを約2週間で読み切ったので僕にしては早いペース。現在又は今後、皆川博子以外に文章も時代考証もしっかりとしたスケールの大きい小説を書く人がいるのかどうか。

 ところで、イーグルスはやっと勝ったらしい。富山での試合でテレビ中継がないのでネットの一球速報を時々見て確認した。そうまでして確かめる価値が僕にもまだあるようだ。あるうちになんとか立ち直るべし、イーグルス。

非-観客

 ビデオで映画を観ていて感じた疑問。

 本を読む人を「読者」というけど、映画を見る人は何というのだろう。劇場で見る人は「観客」でいいとして、テレビで映画を見る場合は客でないので「観客」はなじまない。テレビ画面で観ていても放送を見ているわけではないので「視聴者」でもない。

 業界で何か呼び方があるのか。又はそんなことはどうでもいいのか。

限界的我慢

 昨日に引き続いて東京インテリアとホームセンターで義父の持ち物準備。昼食は久し振りにケンタッキー・フライドチキン。

 午後からは家で過ごす。イーグルスは史上最低の負け方。誰かが責任を取らなければならないのでは。選手もベンチに座ってヘラヘラしてないで、裏で素振りでもしたらどうか。したって打てないかもしれないが、しなくてもどうせ打てないんだからしろよ。

BerryーWuffle

ワッフル

 義父が入居する高齢者施設で契約。来週の土日に荷物を入れ、12日から入居することに決める。

 その後、東京インテリアとニトリに行って必要な家具や小物を揃える。この種の買い物は去年息子がひとり暮らしを始めるときにもやった。規模的には去年ほどではないけど、やはり疲れた。自分の持ち物なら楽しんで選ぶけど、そうではないで気疲れするのかも。

 写真は東京インテリアの中で営業しているイタリアンで食したベリーワッフル。かねてからアイスクリームが乗っかったワッフルとかジャムとクリームがたっぷりとかかったパンケーキとか、その手のスイーツを食べてみたい思っていた。一人で食べるわけにはいかないので、今日は妻がいて念願がかない満足。

Photo: iPhone 5s Camera
プロフィール

joyce

Author:joyce
気がつけばもはやアラ還。
そろそろ休みたくなってもきた、
いっこうに悟りそうもない男の日常。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク