フラニーとズーイ



村上春樹訳のJ.D.サリンジャー「フラニーとズーイ」読了。

 学生時代に野崎孝訳の「フラニーとゾーイー」を読んで以来の再読。「ライ麦畑でつかまえて」を例外とすれば、これまでサリンジャーで面白いと思ったのは、ドタバタ的な場面設定で飽きさせない「大工らよ屋根の梁を高く上げよ」くらいで、名作との評価が高い「ナイン・ストーリーズ」も僕にはダメだった。

 が、今回「フラニー」を読んで、すんなりと頭に入った。これは村上翻訳によるこなれた会話文のおかげ。

 これに反して、「ズーイ」はユダヤ的な饒舌が鼻について長すぎる。というか、発表当時は斬新だったろうこの小説、明らかに古びてしまった。この作品で悩める知識人を気取っているズーイもフラニーも今はきわめてダサい。小説よりも時代が進んだ、そんな感じだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

joyce

Author:joyce
還暦をすぎ第二の職場に通う日々。自分では気を使っているつもりでも、妻からは自由人と言われている。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク