ミュシャ展

SONY DSC-XW50


 県美術館でやっている「ミュシャ展-パリの夢 モラヴィアの祈り」に行ってきた。

SONY DSC-XW50


 アルフォンス・ミュシャといえば、ヨーロッパの退廃文化に咲いたあだ花のような画家と勝手に思い込んでいた。ところが、レシーバで解説を聞いたところでは、当時から人気が高く、商業的にも大成功をしていたとのだという。

 時間をかけて展覧会場を回れば、なるほど、これが受けないわけはないレヴェルの高い作品群。その魅力は今になっても色あせない。ただ、ミュシャは晩年、ここに自分の描きたいものはないとして、祖国チェコに思いを馳せながらモノトーンの宗教画を描いていたという。人間は複雑だ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

joyce

Author:joyce
還暦をすぎ第二の職場に通う日々。自分では気を使っているつもりでも、妻からは自由人と言われている。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク