「宮本武蔵」



 ついに読了した吉川英治「宮本武蔵」全8巻。

 完全な勧善懲悪ものなので読みやすい。それ以上に吉川英治の文章がうまい。現在の作家でこれほどうまい人はいないのではないか。

 しかして、「大菩薩峠」と同様、複数の登場人物が意に反してすれ違う場面を繰り返しながら進行する。「大菩薩峠」は要所要所に思想性を盛り込んでいるが、「宮本武蔵」にはそれがないので、このパターンが読めるようになると退屈する。

 同じ作者の「三国志」も読もう思ったけど、基本的にこの作品と同じかなと思い直して別の作品を読むことにした。

 とはいえ、通勤時のバスの中で読むには手頃な作品。Kindleで無料で読めるのははなはだありがたい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

joyce

Author:joyce
還暦をすぎ第二の職場に通う日々。自分では気を使っているつもりでも、妻からは自由人と言われている。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク