「シェルタリング・スカイ」



 ポール・ボウルズ「シェルタリング・スカイ」読了

 そんじょそこらの小説とは格が違う、という感じ。


 「ここの空は奇妙だ。空は硬くて、背後にあるものから僕らを守っているような気がする」
 「背後にあるものから?」
 「そうだ」
 「背後に何があるの?」「何もない。ただの闇だ。絶対的な闇だ」


 この一節に尽きる。後はいらないほど。

Photo: iPnone8
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

joyce

Author:joyce
還暦をすぎ第二の職場に通う日々。自分では気を使っているつもりでも、妻からは自由人と言われている。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク