ツイメルマンによるシューベルトのピアノ・ソナタ第20番・21番



 クリスティアン・ツイメルマンによるシューベルトのピアノ・ソナタ第20番・21番。ツイメルマンの最新録音である。

 僕はこのところシューベルトのピアノ・ソナタ第21番を様々な演奏家で集中的に聴くことがある。そうするようになったのは一昨年の12月にツイメルマンのリサイタルでこの曲を聴いたからだ。

 演奏時間が40分以上に及ぶこの大曲、リヒテルに代表されるようにシューベルトの深い諦念を感じさせる演奏が多かった。それに対しツイメルマンは、若者の逡巡と旅立ちとでもいうような、みずみずしさを感じさせる新しい解釈を示した。ライブでこの曲を聴いて、冥土の土産級の演奏だと思った。

 このCDは日本での全国ツアー終了後に新潟で録音されたもの。演奏はライブで聴いたとおり。超弩級の内容である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

joyce

Author:joyce
ついに還暦を迎えた男
自分らしく生きることに
難儀をすることもなくなったが
残された時間は短い

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク