その可能性はもうなくなった

 先週の東京出張の際に新幹線の中で読み出した井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」をやっと読み終わった。

 謎解きは斬新だし、この作者の知能指数が高いのも判るけど、夢中になって読みたくならないのは、作りすぎというか、物語の自発性を阻害している何かがあるんだよな。この作者の作品を読む可能性はもうなくなったかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

joyce

Author:joyce
ついに還暦を迎えた男
自分らしく生きることに
難儀をすることもなくなったが
残された時間は短い

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク