純愛小説そして、或いはエロ小説

 朝暖かったのでコートなしで出かけたら、帰りは寒かった。

ミラン・クンデラの「存在の耐えられない軽さ」を再読しようと取りかかったのだが、なんとなく今読む本ではない感じがしてしっくりこない。早めに放棄することを決断し、バルザック「谷間の百合」にしたらなんとか馴染んだ。今日は50ページまで。

 なお、僕にとって「存在の耐えられない軽さ」は純愛小説で、「谷間の百合」はエロ小説である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

joyce

Author:joyce
ついに還暦を迎えた男
自分らしく生きることに
難儀をすることもなくなったが
残された時間は短い

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク