ぐりとぐら展

ぐりとぐら展


 「ぐりとぐら展」を観に美術館に行ってきた。

 日本を代表するこの童話は、息子が小さい頃に家にあったし、ぐりとぐらが登場するカルタをやったりもした。カルタで印象に残っているのは、「知らぬ間にシルクハットに白い鳩」。その原画もちゃんとあった。

 原画で構成された展覧会をひととおり観て感じたのは、この童話には押しつけがましさがまるでないこと。主張らしきものは、外でみんなと弁当を食べるとおいしいということくらいだ。これが長続きしている理由か。

 ぐりとぐらの1年間を12枚の絵で表現した作品のポスト・カード(12枚)と、木製のスタンド。図録を買う。今日は、癒やされますた。

Photo: Canon PowerShot S120
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぐりとぐら

こどもたちも私もついでにマゴたちも好きな絵本です。
9月までやっているのですね。
お盆に帰った時に観にいけるかしら。

ぐりとぐら展は、

美術館が収集した絵本の原画を中心に構成された大人が楽しめる展示会でした。

去年の秋、美術館の近くに地下鉄の駅ができたので便利になりました。ぜひお出かけください。
プロフィール

joyce

Author:joyce
ついに還暦を迎えた男
自分らしく生きることに
難儀をすることもなくなったが
残された時間は短い

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク