1月末日

 出張明け。出勤して土産の菓子を配り、昨日は雪が降らなかったかという質問にいくつか答え、落ち着いたところで復命書を書く。

 明日は年休を取ると決めていたので、すっかり週末気分だった。やはり週に3日は休みたい。
スポンサーサイト

秋田で広重

 秋田に日帰り主張。

秋田

 冬のこの時期としては珍しく青空が見えるほどの穏やかな天気。しかし、お堀の池は凍っていた。凍った池を見たのは久しぶりだ。

稲庭うどん

 昼は名物の稲庭うどん。きりたんぽ鍋の出汁に舞茸のてんぷらとせりが入り、漬物はいぶりがっこ。スープも麺もうまかった。値段もそれなりにしたけど。

秋田

 仕事が1時間早めに終わったので、美術館に寄って歌川広重展を鑑賞。東海道五十三次というと安藤広重じゃなかったのかと思ったら、同じ人物だったんだ。かつては安藤広重と言ったが、今は歌川になったのだそうだ。

 新幹線で往復5時間の移動もずっと本を読んでいてまったく退屈をしなかった。こういう出張ならいくらやってもいいな。

Photo: Canon PowerShot S120

なんだかんだのなみだばし

 朝一番に昨日用意しておりたメールを送信。その後、明日の出張に持参する資料のチェックし、バックデータを頭に入れる作業に勤務時間を費やす。

 明日の出張の用意。いつもの重い通勤カバンでなく。旅行カバンに必要最低限の荷物を入れる。はずだったのに、なんだかんだの泪橋で、いつもと同じ重さになってしまった。

月曜からフル5日

 今週は月曜始まりの平日5日勤務だけれども、水曜日に県外出張があるのでモチベーションがまだ保たれている。とはいえ、今日もこれといった仕事をしなかった。いや、少しはしたけど。

 横山秀雄「64」読了。僕は歳をくっている割にはフィクションに楽しみを感じられるほうだと思う。しかして、この作品はいささかいただけなかった。警察内部を描くには一面的、家庭の描写は紋切り型、その他の社会はほぼ描かれていない。そんなところだろうか。

「ダイ・ハード/ラスト・デイ」



 ジョン・ムーア「ダイ・ハード/ラスト・デイ」

 特に新しい要素はないが、壊した車と火薬の物量で見せる。シリーズの初期作と比べると映像が明らかに進化している。

 ドローンは映像表現を変えた。もしかすると、近年最大の発明はドローンかも。原題はA Good Day to Die Hardだからこの作品が最後というわけじゃなさそうだ。★★★★☆

最近の天気予報はアタル



 雪景色。水分の多い雪で積もった割には溶けるのが早かった。

 S川内科。午後1時前に着くように行ったらガラガラだった。これからはこの時間に行くことにしよう。

Photo: Canon PowerShot S120

改装御礼

 朝におにぎりなどを買っているセブン・イレブンがカップ麺の3割引をやっていたので、帰りにも寄って何個か買った。どうやら店の改装をするため、しばらく休むらしい。

 いやーっ、休まれるのは困るんだけどな。向かいのローソンもあてにできないし、職場近くの徒歩圏内にはコンビニがない。

 しかし、こちらの都合など聞き入れられるはずもない。来週から職場の食堂を利用するか。最初からそうすりゃ良かったのかも。

静観はすれど

 朝の通勤途中に利用しているローソンのレジがワンオペなので、混んでいるとなかなか順番が回って来ない。今日も客が4,5人並んでいて、地下鉄に乗り遅れてしまった。

 これまでの僕だったら、「弁当を温めろ」とか、「タバコも、あと、チキンをひとつ」などと、朝っぱらから面倒な注文をする客が前にいるとイライラしたものだが、今はそういうこともなく静観の構えである。

 ただ、向かいセブン・イレブンは店員が2人いるので、これからはセブンを利用する。

定食処分



 職場の外に移動しての会議。午前中に会場に到着し、資料の準備をした後、近くの食堂で早めの食事。そば定食を頼んだのだけれど、そばもご飯も単品の一人前同様で、とにかく量が普通ではなかった。味は普通の下程度だったから、食べるのに四苦八苦した。

 会議は滞りなく終了し、職場に戻ると、程なく終業時間となって帰宅。今日は妻が実家に泊まる日だったので、カップ酒を飲みながら「ダイ・ハード3」を観た。(あるいは、「ダイ・ハード3」を観ながらカップ酒を飲んだ。)一度観たような気がせず、最後の方になってきて、やっと見覚えのあるシーンが登場した。

Photo: iPhone 5s

つなぎの読書

 朝に明日の会議の資料に重大なミスが見つかって、修正したり出席予定者に訂正報告したり。

 「失われた時を求めて」を読了したので、次に丸山真男を読もうと思ったが、来週の出張の際に新幹線で読むためにとって置くことにし、それまでのつなぎに横山秀夫「64」を読み始める。

 かつてこの作者の小説をおもしろく読んだ時期もあったけど、今になってはまず古さを感じる。いくらなんでも警察の上層部はこれほど馬鹿じゃない、というような。そういう点でこの作品から感じるリアリティは薄くなってしまった。そういうことに耐えられるのが古典と呼ばれる作品なんだろうな。

スーパームーン

スーパームーン

午後から何の気なしに打ち合わせに入ったら、トイレ休憩もなしで夕方までかかってしまった。ほとほと疲れて職場を出ると、建物の屋根にほど近い低空に、あっと驚く大きなスーパームーン。

 写真に収めるようとしたところで、三脚もない、ただのデジカメという条件ではきちんと写るわけもない。しかし、せっかくなので1枚載せておこう。

Photo: Canon PowerShot S120

「無伴奏」



 矢崎仁司「無伴奏」を観終わった。

 暗くて単調。最後がもたつく。何を言いたいのか不明。など、言いたいところはいろいろあったけど、不思議と印象に残る作品。

 その理由をつらつらと考えたところ、成海璃子の一本調子なセリフ回しが、感情にまかせた過剰演技に陥るのを防いで、衝撃的な内容ながら作品を落ち着いたものにしているからではないかと感じた。なるほど、あれは考え抜かれた演技だったのか。(本当か。)

 原作はS市が舞台の小説なれど、街の風景に見覚えがなく、別の場所でロケをしたようだ。ま、それはどうでもいいんだけれど。★★☆☆☆

ハクビシンらしきものが

 午前中、Nだ眼科。寒いためか空いていた。

 この眼科には7年前に白内障の手術をして「らい通っている。経過観察が通院の目的だが、この間、所見がまったくないので通院の意味がないといえばそうかもしれない。しかし、目のことだから何かあっては大変なので通っている次第。そこが開業医の付け目なのかもしれないが。

 妻の実家にハクビシンらしき動物が夜中に騒音を発しているらしい。よって、Amazonでセンサー付きの駆除装置を買って設置してきた。動物がセンサーの前を通ると、人間には聞こえないが動物が嫌がる音を発生する設置。はたして効果はありや。

長い4日間



 風が冷たい一日。来週の役員会に備えていろいろ資料づくり。昼は食堂で豚ももカツ。会議の最後にあいさつ。

 三連休後の火曜日から始まった週のわりには金曜日になるのが遅かった。その金曜日たる今日も特筆すべきことはなかったな。ただ、寒い夜の日本酒はうまかった。

Photo: iPhone 5S

アタラズ

 帰りは風が冷たくて寒かった。暖冬とはいっても冬で、今が一番寒い時期であることは確かだ。

 「失われた時を求めて」は順調に読み進んでいる。帰宅して、「無伴奏」の続きを観ようと一時は思ったけれど、なんだか気乗りがしないところもあって今日が初回の「ハケン占い師アタル」を観た。

 どこかで観たことがあるような通俗的な設定。性格描写も凡庸だ。「無伴奏」にしとけばよかったかな。

当時の名称はスリップ

 明日までやろうと思ったいた仕事が午後イチで終わった。この調子で行きたいものです。

 妻が介護のため実家に泊まる日なので、夜は自宅で一人、映画「無伴奏」を観た。原作はずいぶん昔に読んだ。結末だけはやけにはっきり覚えている。

 映画は、こういう話だったかなと感じるくらいで、暗すぎる画面になんだか集中できず、1969年の時代背景にはもはや感情移入できなかった。ただ、成海璃子のスリップ姿は目を皿のようにして見た。本日は残り1時間で中断。

春遠からじ

 寒い一日。朝のバス停で1本前のバスに乗るため前列に並んでいる女性。まだ20代なかばくらいだろうか。いつもは一人で携帯をさわっているのだけれど、今日は同僚らしき女性と楽しそうに喋っているのを初めて見た。前からめんこいと思っていたが、笑顔になるとますますかわいい。

 職場帰りにバス停に向かっていたら、わずかながらまだ日の光が残っていた。確かに日が長くなった

どんと祭

どんと祭


 近くの神社にどんと祭に行ってきたのでその写真を数枚。

どんと祭


 来年からしばらく、1月14日のどんと祭は平日になる。

どんと祭

どんと祭


どんと祭


 しばらくこの行事には行けないし、写真も撮れない。毎日が日曜日になるのは、もう少し先のこと。

Photo: EOS 9000D with EF24-105mm F4L IS USM

パチもんに振り回される

 昨日買ったMP3プレイヤーが動かなくなった。電源ボタンを押しても反応がない。バッテリー切れかいと思いしばらく充電しても同じ状態だ。

 これを教訓に、中国製のパチもんは買わないことにしよう。と思いながら外出先から帰って来たら、理由は不明なれど突然動き出した。それ以降は調子がいい。

 中国との外交と同じで、中国製品に対してはこっちの都合で期待しては駄目なんだな。よく判りました。

Walkmanにあらず

MP3プレイヤー

 毎日就寝する際に布団の中で落語を聴いており、そのために8年前に買ったWalkmanを使っている。最近、バッテリーの持ちが極端に悪くなったのと、イヤフォン・ジャックの接触が悪くなったので、Amazonで安価なMP3プレイヤーを購入した。

 これがひどかった。デザイン、操作性とも最悪。とても人前で使える商品でなない。これに比べると、WalkmanやiPhoneがいかにすぐれた製品なのかを実感する。まあ、3千円だから仕方ないけど。

 とはいえ、夜に落語を聴くだけだから使うことにした。しかして、MP3プレイヤーと名乗っているとはいえ、今どきAACに対応していないのはどういうことか。おかげで、保有している落語のファイルを全部MP3に変換しなければならない。やはり安物買いは何かを失うものだと悟った。

Photo: iPhone 5s

新年会1回目

とんかつ


 かつての職場の上司と2人で新年会。仕事からはもう完全に引退している元上司がNHKの「ラジオ深夜便」の話を盛んにするので、そんなに遅い時間まで起きているのか聞いたら、寝るのは早いが、夜中にいったん目がさめるので、その際に聴いているのだという。

 そういうわけで、6時に始まった飲み会は元上司が眠くなったので8時過ぎには終わった。僕もそうなりたいと思う反面、その境地に達するのはまだ早いという気もする。

 写真は今日の昼食のとんかつ。いつになく肉厚でうまかった。

Photo: iPhone 5s

ポスト「失われた時を求めて」

 「失われた時を求めて11」を読み始める。思ったよりすらすらと読み進められて、朝夕の通勤バスで集中して取り組むと、少なくとも1日に50ページはかせげそうだ。

 吉川一義訳の「失われた時」も今度読み始めてた巻を含めてあと2冊。最終巻の刊行時期にもよるけど、おそらく今年中には完読できそう。昨年「大菩薩峠」を読んだので、主要な長編小説はだいたい読み尽くした感がある。残っているのは「特性のない男」あたりか。これに挑戦するか、さてどうするか。

ホシヤマ・デビュー

 朝起きたら雪がちらついていた。車じゃなくても大丈夫だろうと、いつもどおり家を出たら、事故による渋滞でバスが20分遅れた。文字にしてみるとたいしたことじゃないか。

 午後から市内中心部に行って業務打ち合わせ。ホシヤマ珈琲に初めて入った。じっくり打ち合わせをするには最適の場所だ。ブレンド・コーヒー1,100円は高価だけど、今回は経費で落ちたので。若い客もけっこういるんだね。

つかの間の気分

 このところ頭の片隅にいつもあった、つまりは、しばらく気になっていた仕事があった。ようやく重い腰を上げて、朝から手をつけたところ、なんと午前中のうちに片づいてしまい、午後からルンルン気分に。こんなことは当分ないかも。

 帰宅後、テレビで「ペケポン」。4年ぶりの復活とのこと。クイズの質が高くて、やはりおもしろい。回答を考えていると頭がフル回転しているような感じがする。この番組が4年前に終わったのは、観ている人がそれについていけなくなったからではないかな。

美脚礼賛



 今日は新春の講演会のため、職場には出ずにかつての勤務先で終日作業をした。ほぼ1年ぶりにかつての職場のメンバーの何人かと顔を合わせたが、みんなすごく歳を取っていてびっくりした。1年であんなに変化をするもんだろうか。向こうもそう思ったのだろうけど。

 それはともかく、今日は美脚のHMさんとランチをしながら話ができたので、いつになくいい日だった。やはり美脚にまさるものはない。

Photo: iPhone 5s

宿酔で後悔

 一日中ひどい二日酔いで、夜まで具合が悪かった。したがって、午後に東京に帰る息子を駅まで送ったほかは何もせずに一日が過ぎた。

 せっかくの連休だったのに。嗚呼。

いつもどおり



 大学院時代の先輩と昼飲み。

 S駅前の居酒屋に初めて入ったのだけれど、ここがプラスチックのビール・ケースを裏返してテーブルにしているようなリーズナブルかつ気が置けない店だった。すっかり気に入ってしまって、ついつい(いつものことだけれど)長居してしまった。

 去年ほどの泥酔ではなかったものの、けっこうな出来上がりかただった。

仕事始めと歯医者

 金曜日の仕事始め。また明日から休みということで、当然ながらヤル気満々ではなし。朝の通勤バスもやまだ休みを取っている人が多いためかガラガラで、昨年の4月以来最短の時間で職場前の停留所に着いた。

 就業後、Yデンタル・クリニック。今日は歯磨き指導で、衛生士のお姉さんに「汚れは15%くらいで、よく磨けていますね」と褒められる。へへへ。この後は3か月に一度ずつインプラントのメンテナンスをするのみ。

年賀状探し

 今年は年賀状の断捨離をしたけれども、もう来ることはないと予想した人から元旦早々賀状が届いたりする。年賀状自体もギリギリの枚数しか買っていなかったので、不足分を求めにコンビニに行ったら無地のものはどこも売り切れでまいった。結局、妻が生協から買ってきた。

 夜は録画しておいた「相棒」の元旦スペシャルを観る。近年にない駄作。なんの伏線もなく悪役っぽいのがやっぱり悪役でしたというのは、いくら正月ドラマとはいえ工夫がなさすぎ。「相棒」なのであれば、このレヴェルでは困る。

それでも年明けうどん

 例年1月2日の昼に食べていたどん兵衛の"年明けうどん"。今年は日清のホームページに載っていないので、作るのをやめたようだ。カップうどんの中では一番うまかったののに、なぜ。乞う復活

 ということで、今日はかっぷ麺ではない普通の鍋焼きうどんを食べてから、母と義父のホームに新年のあいさつ。母の部屋は着るものやおやつでごちゃごちゃなのに、義父のは妻や施設が用意した必要最小限のものしかない。男と女の違いか、個人の物欲の問題か。
プロフィール

joyce

Author:joyce
還暦をすぎ第二の職場に通う日々。自分では気を使っているつもりでも、妻からは自由人と言われている。

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク