風邪っぴき

 職場で夕方頃に咳き込むようになり、周囲から「風邪ひいたんじゃないの」っと言われた。その時は「ただ喉の調子が悪いだけ」と答えたのだけれど、どうやら本当に風邪をひいたらしい。

 まずいな。今日は妻がインプラントの手術を受けて、傷口を縫ったため鼻をかんでもくしゃみをしてもだめらしい。僕が引き始めた風邪はまさに咳と鼻水。うつしたら一生恨まれるな。

 ということで、今日から読み始めた「中世の秋」がめっぽうおもしろいという話題がふっ飛んでしまった。
スポンサーサイト



ラスボス予想

 規約改正のデータ処理に一日を費やす。こういうのはわりと性に合っているので、もくもくと仕事をしている。気がつけば職場の人とほとんど口をきいていない。

 「けもなれ」はますますおもしろくなってきた。今までのは前置きだったとも受け取れる。最初からこのペースだったら視聴率も取れたのにな。それはともかく、これからのキーパーソンは黒木華だと看破した、と思っている。

知世ちゃんなのでOK

 規約改正。だんだんと仕事全体の景色のようなものが見えてきた。ここまで来ると、もう一息といったところ。

原田知世

 原田知世のニュー・アルバム「L'Heure Bleue」が発売されたのでつい買ってしまった。

 アルバムのPRのためか最近知世ちゃんがよくテレビに出ている。僕もその番組を観ているけれど、原田知世はアルバム全体で評価されるべきアーティストだと思っているので、流行歌手のように1曲だけ歌っておしまいのような売り方はしてほしくない、と内心では思っている。でも、出ないと忘れられるし、難しいもんだな。

Photo: iPhone 5s

根拠のない自信

 規約改正は、まだ本気中。いろいろ調べていくと確認しなければならないことが次々と出現する。でも、期限まではなんとかなるでしょう。自信の根拠は、これまでもなんとかなったということしかないけど。

 退勤後に歯医者に行ってインプラントに被せるセラミックの歯の型取り。椅子の上でじっと動かずにいたら具合が悪くなりそうになる。最近調子が悪い。

ついに本気出す、のか

 ついに規約改正の作業に取りかかった。始めて見ればそう簡単なものではなく、これまで気がつかなかった現規約の矛盾点が見えてきたりする。まず現状の把握をしっかりとやって、それ以降、改正内容を検討しなければ。早くやっときゃよかった。

 ところで、ベルナルド・ベルトリッチが亡くなったようだ。作品の出来不出来の差が大きい監督だったが、そのことがこの人の天才を証明していた。僕がいちばん好きだったのは「シェルタリング・スカイ」かな。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」



 ライアン・ジョンソン「スター・ウォーズ/最後のジェダイ

 帝国軍的な悪いやつがいて、抵抗勢力が負けそうだが危ういところでフォースに救われる。みたいなパターンが前と同じ。スター・ウォーズもそろそろ限界なのかしらん。

 配役に女性やアジア・アフリカ系の役者を当てているのも、時代の要請なのだろうけど、なんか重みに欠けるなあ。こっちが歳とっただけなのかな。

 ハン・ソロの息子役の役者が見たことがあると思ったら、今並行して観ているジム・ジャームッシュ「パターソン」の主演男優だった。かっこいいけど、ハリー・ポッターの先生みたい。★★★☆☆

テーマ:日記 - ジャンル:日記

おとなしく過ごせるのか

 このところ週末に出かけることが多かったので今回の3連休はおとなしく過ごす方針。午前中にちょっとTSUTAYAに行って古本を若干購入した。パトリシア・コーンウェル、竹本健治など5冊ほど。

 午後からは、ビデオなどを観て過ごす。ガッキーかわゆし。ま、あれは役柄で、現実にああいう「よいこ」をやってたら疲れるのでしょうが。

ポケモン予約だぜ

ポケモン

 車の冬タイヤ履き替えのためディーラーへ。

 1時間ほどある作業時間をつぶすためメディアテークに行ったら妻からメールが入った。息子が欲しがっているミスタードーナッツでやっているポケモンのマグカップ付きドーナッツが全国的に品薄だが、S市の店舗で予約を受け付けているので今から店舗に行って予約をしてくれとのこと。何だんねん。孫のおもちゃを買いに行くおじいちゃんである。

 で、ポケモンを予約したついでに書店でホイジンガ「中世の秋」を買う。一丁上がり対策。頑張って読むぞい。

Photo: iPnone 5s

何だ神田の泪橋

 3連休の前の日。なんだかんだと打ち合わせが入って一日が終わる。

 森晶麿「ホテルモーリスの危険なおもてなし」読了。通勤のバスで読むための古本のミステリーを買ったのはいいけれど、読みさえすればよいという一丁上がり感が濃厚になってきたな。

ガッキー日和

 朝5時に起床。車で職場に行ってバスに乗り換え女川へ出張。いろいろ買い物などもしたいところなれど、仕事なので用件をすませてトンボ帰り。職場に戻ったのは夕方の5時過ぎ。

 帰宅して、録画していた「けもなれ」第4話を観たらちょっとおもしろかった。菊地凛子はさすがの貫禄。登場人物が出そろったところで、三角関係があったり、エッチな展開があったり、脚本家の本領が発揮されてきた感じ。

規約改正ならず

 そろそろ規約改正に手をつけなければならないのだが、さっぱりやる気が起きない。これではいけないと思い、とりあえず今までやった作業のおさらいをした。

 そうしたところ、けっこう突っ込んだところまでやっていて、これなら後の作業はたいした手間ではないことが判った。その結果、ますますやる気がなくなった。つまり、完全に駄目だ。

ふりふりリスク

フリスク

 毎日バスで通勤する経路にやや長めのトンネルがある。しかも、ここで必ず渋滞するので、パニック障害気味の僕には苦手な場所になっている。

 昨日、ネットを眺めていたら、パニック障害にはフリスクのようなミント系のものを舐めるといいとのこと。暴走している脳にミントの強い刺激が伝わると、"あっち"に行きかけているのを"こっち"に引き戻す効果があるのだそうだ。
 
 早速、今朝コンビニに寄ってフリスクのストロング・ミントを買い、トンネルに入る前に1粒舐めてみた。

 うーん、はっきり効果あるとはいえないまでも、意識がミントの刺激に向かうのは確かか。少なくとも無意味ではないような感じがする。しばらく試してみよう。

Photo: iPhone 5s

らくだのももひき

 今日も秋晴れのいい天気。

 午前、先週から休暇で帰省していた息子が今日で神奈川に戻るのでどこにも出かけず家で過ごし、昼はドミノ・ピザにデリバリーを頼む。

 午後、息子を駅まで送る。その後、ユニクロに行ってヒートテックのタイツを購入。要は股引(ももひき)である。これも今の職場の寒さ対策なり。

いろいろやった日

 午前、S川内科。この前のCT検査の結果は異状なし。まずは安心。

ビストロでぐち

 お昼に家族で"ビストロでぐち"で食事。このレストランの名物の「和牛ホホ肉赤ワイン煮」のランチ・メニュー。「やさいとベーコンのスープ」は普通のコンソメスープなのだけれど、こういう定番がちゃんとしたプロの味だ。メイン料理、デザートも美味なり。

 その後、郊外のアウトレット・モールに行き、息子は服を僕は防寒靴を買う。妻によると、僕が履いている今の防寒ブーツは30年以上使っているのだそうだ。新しい職場がある場所は雪が多そうなので新調することにしたもの。今の防寒靴は昔ながらの長靴スタイルではなくスニーカーっぽい。

Photo: iPhone 5s

研修商売

 金曜日。今日もとある研修を聴講した。

 僕が若い頃、職場で行われる研修は業務に詳しいベテランの社員が演壇に立って後輩に教えるスタイルだった。そのやり方はほぼなくなり、現在はいわゆる研修業者に派遣されたプロの講師がやってくる。商売で講師をやるのはどうよという気が当初はしていたが、考えてみれば学校の先生も商売でやってるんだよな。

カフェイン補給

 ある事情により、とある研修の講義をずっと聴いていた。眠気に襲われたときは「レッド・ブル」でカフェインを補給。これは本当によく効く。

 先週末からディック・フランシス「審判」を読んでいる。500ページ程度の小説なのに、なかなか読み終わらないい。おもしろくないわけではない。どうしたわけか理由が判らない。108円で買った本なので、コストパフォーマンスがいいとはいえるけれども。

選定基準

 紅白の出場歌手が発表されたようだ。

 かつてどうしてこの人が選ばれるのだろう思う演歌歌手がいた。それでも、その歌手の存在を知ってはいた。今は初めて聞く名前が多い。僕が歳をとって世事に疎くなったからだけではなく、本当に流行っているのかと思う。

 もはや音楽をテレビで楽しむことはなく、ライブかネットからのダウンロードだから、興味のない人が反射的に様々な音楽を知る機会は少ない。興味のある音楽しか聴かないし、興味ないものは知りもしない。

 では、紅白はどういう基準で出場者を選んでいるのか。僕は紅白はいまだに優れたコンテンツだと思っているので、なんでもいいのではあるけど。

楽あれば苦あり

 土日を温泉で過ごし、昨日は年休を取ったので、今日から通常ベースに戻ることが昨日から憂鬱だった。朝に家を出た途端に諦めはついたけど。昨日休んだ分だけいろいろ仕事もあった。

 先週までとはうって変わり、今週は寒くなりそうだ。今日も仕事帰りはジャンバーを着ていても寒かった。明日からライナーをつけることにしよう。

休みなのにいろいろ

 お疲れ休みで、あらかじめ年休を取っていたもの。

 午前、満期になった定期預金の解約など、銀行でいろいろ手続きをする。これがけっこう面倒くさかった。

 午後、三越で来年の3月に行われる狂言のチケットを購入。狂言を一度ライブで観たいと思っていたので楽しみだ。

温泉のちキツネ村



 昨日と合わせて温泉に4回入り、周辺の森を散策して11時にチェックアウト。

 その後、キツネ村へ。外国人観光客に評判の場所だと知ってはいたが、行ったことはなかった。







 キツネがフェンスを巡らせた広い敷地に放し飼いになっていて、その中に人間が入って行く。大半のキツネは寝ているが、人間のすぐ脇をとことこ歩いていくキツネもいる。そして、そして定番の餌やり体験。全体としてよくできたコンテンツだと感じた。

Photo: EOS 9000D / EF24-105mm F4L IS USM, SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

CTのち温泉

 午前S川内科。紹介状をもらって星陵ホスピタルに移動しCT検査を受ける。夏の健康診断で胸部に影があるといわれたもの。CTのトンネルに入るとき気分が悪くなり、中断してもらって深呼吸をしてなんとか再開した。10分から20分の検査だと説明されたが、実際に写真を撮ったのは2分くらいか。











 午後から家族で蔵王の温泉に宿泊。紅葉は終わり加減だったものの、風呂と食事でくつろぐ。



 食事の後はバンド演奏。70年代のアメリカン・ポップスを中心としたアマチュア・バンドで、ニール・ヤング、イーグルス、カーペンターズなど。バンド・メンバーとほぼ同年代の僕は、一曲を除いて全部知っていた。ははは。

Photo: EOS 9000D / EF24-105mm F4L IS USM

自分だけ3連休

 やっと金曜日。月曜日に休暇を取ったのでいつにも増して開放感がある。明日は家族で温泉に行く予定なので、ゆっくり英気を養って、来週から来年度に向けての規則改正に取り組みつもり。「明日から本気出す」の心意気なり。

 息子が会社の休暇制度を利用して帰省。

フランシス・レイの死

 フランシス・レイが亡くなった。本当は楽譜も読めないなどと揶揄されながらも、いつまでも記憶に残るあのメロディーを生み出したのは天才のなせる業だろう。かつてロックやフォークと同じく「映画音楽」といううジャンルが存在していたのもフランシス・レイの作品があったから。

 今の映画音楽はニノ・ロータや坂本龍一の仕事のような完璧なオーケストレーションで成立しているから、彼の出番はなくなった。新聞報道では「男と女」や「ある愛の詩」を代表作としているが、僕は「愛と死と」のドラム・スティック音が頭の中で響いている。

人間自体が奇跡

 今日は妻が実家に泊まる日なので、一人で酎ハイボールを飲みながらテレビ鑑賞。「けもなれ」はもう観る気がしないので、録画した「コールドケース2」の初回を観た。

 このドラマ、もうひと手間かければおもしろいのだけどな。それは「相棒」の水準だから無理な注文か。そして、吉田羊をもっと美しく撮れないものか。あれだけの美形なんだからもったいなし。ジョディ・フォスター並みに、というのは高すぎるレヴェルか。こればっかりだな。

 結局、「僕らは奇跡でできている」が最近のドラマではもっとも出来がいいんじゃないかな。

秋の夜長

fall

 秋まっただ中。先週大きな仕事が終わったので、今日は仕事を小出しにしながら一日を過ごす。そういう一日は長く感じる。

 さて、今週はなんだか疲れていて10時前に眠くなる。妻には朝早く起きると迷惑だから少し起きていろと言われた。頭に来たので早く寝た。

Photo: Canon PowerShot S120

品薄状態

 「カクレカラクリ」読了。有栖川有栖「スウェーデン館の謎」に移る。

 ところで、昨日の日曜日、TSUTAYAの古本コナーでミステリー小説を数冊買った。「スウェーデン館の謎」もそのひとつである。

 行く前は文庫コーナーには100円の本が大量にあるだろうと思っていた。しかして、そこにあるのは軽めのエッセイばかりで、ミステリーは棚の端から端まで探してようやく6冊ほど見つけて買ってきた。

 本全体の量はあるようなので、ミステリーに限って読む人がいなくなったということだろうか。ミステリーはレヴェルが高くて敬遠されているということはないような気がするけど。

紅葉グランド・ホテル

 今日もすばらしい晴天。週末がこれだけ連続して天気がいいのはめずらしい。これからもいいとは限らないので市内の公園まで写真を撮りに出かけた。







 紅葉にはあと1,2週間早いかなと思うものの、まあいい感じ。今回は少し前に買ったズームレンズの練習という意味合いもあった。Lレンズはやっぱりいいなあ。今週末は家族で蔵王に泊まりに行く予定なので、山の写真をじっくり撮るつもり。

Photo: EOS 9000D / EF24-105mm F4L IS USM

序の口の次は序二段

 午前中、前の職場の元上司が九州からカボスを送られたというので、おすそわけにあずかりに元上司へ。芭蕉庵の漬け物とアトリエのフルーツケーキを返礼に持参。

 午後、母の見舞い。帰ってから、毎回同じ話をされるので参ると妻に話したら、妻の実母はもっとねちっこいので、あんなのは序の口だと言われる。

ひと山いくら

 金曜日。今年度僕が主担当する仕事は今日で終わり。事務仕事はまだまだあるけれども、交渉事はないので気が楽だ。

 ミランダ・ジュライを読了して次に読む本がなくなった。仕方なく森博嗣の旧作「カクレカラクリ」を再読することにした。週末はツタヤに行って108円のミステリーを4,5冊仕入れることにしよう。

終バス待機

 今日から11月。あと2か月で今年が終わるとは。

 今日から僕が主担当する仕事があって、あたふたとしているうちに一日が過ぎた。夜は懇親会。7時半に解散し、8時半までの終バスまでローソンのイートインで100円のコーヒーを飲みながら時間をつぶす。
プロフィール

joyce

Author:joyce
還暦をすぎ第二の職場に通う日々。自分では気を使っているつもりでも、妻からは自由人と言われている。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク