過食飽食



 今日で退職する人の送別会。会場は職場からかなり離れた都市部のレストランで、終業後に各自集合という方式。

 出てきたのは肉料理ばっかりだった。うまそうだったので、手術したばかりのインプラントの歯にあたらによう気を付けて食べたけれども、反対側の歯が痛くなった。これからは自制しよう。

 帰りの電車が日本海側の大雨の影響で遅れた。
スポンサーサイト



訃報あり

 帰宅すると妻から叔父が亡くなったとの話。この前病院に見舞ったばかりなのに、思いがけなかった。何人かいる(た)伯(叔)父たちの中で、この叔父の生き方が僕のそれに一番似ていた。合掌。通夜が土曜日、葬儀は日曜日の予定。

 ところで、今ジョイスの「ダブリナーズ」を読んでいるが、さっぱりおもしろくない。僕は「ユリシーズ」を読んだときも全然引き込まれず、世界的な名作なんだからと我慢して最後まで読んだものの,結局どこがいいのか判らなかった。

 「ダブリナーズ」も100ページほど進んだところで,子どもを殴る場面が出てきた。僕は子どもが虐待されるのは嫌いなので、ここでやめることにした。もうこの小説を手に取ることはないだろう。代わりに何を読むか悩んだ末,京極夏彦の「魍魎の匣」を再読することに決めた。

「カフェ・ソサエティ」

20180829001.jpg

 ウディ・アレン「カフェ・ソサエティ」

 始まって3,40分は、主人公の喋り方がウディ・アレンのように聞こえてノレなかった。(これは、アレン本人が出演しない作品にはいつも言えること。)


 しかしながら、ヒーロー、ヒロインが互いに別の人物と結婚し、何年か後に再会したあたりからがぜんおもしろくなった。テンポもよく、このあたりはアレンの真骨頂。ラスト、2人は互いに元の生活に戻るが、心では相手を想っている。沈黙の演技がすばらしい。Dream is Dream。★★★★★

インプラント

インプラント

 今日は仕事を休み、歯医者でインプラントの埋入手術を受けた。

 午前9時15分にクリニックに入り、まず歯の根っこを取り去る。さらに膿をきれいに掃除される。当然ながら麻酔をしているので、痛みはまったく感じない。

 次に手術室に移り、手に心拍計と血圧計をつけられて、口の周りを消毒。いよいよ埋め込むオペに入る。道路工事の穴掘りドリルでガンガンやられるようなイメージとでも言おうか。これがけっこう痛い。痛みを訴えたらと麻酔を足してくれたが、それでもやっぱり痛かった。しかし、それほどの時間はかからないの耐えられないほどではなかった。

 続いて仮歯を入れるオペ。こっちは調整にけっこう時間がかかった。が、無事終了。幸いにもインプラントが思ったより骨にがっちり入ったので、あとの治療は早くなるとのこと。なによりなにより。

 クリニックを出たのは11時過ぎ。よってオペ全体に要した時間は2時間ほど。帰宅してコーヒーを飲んだり柔らかい食べ物を取る。手術後は痛みはまったくなかった。しかし、麻酔が切れるタイミングで疲れがどっとでた。オペに不安はなかったが、大がかりな治療ではあることは間違いない。

Photo: iPhone 5s

バッハ制覇



 ついに聴き終わったバッハ全集CD172枚組。2月に購入して以来、約半年を要したことになる。

 この間、カンタータ約60枚、オルガン曲約20枚についても飽きることはなかった。キーボード曲について、僕はチェンバロの音がやや苦手なので、ピアノ演奏だったらいいのにと思ったくらい。

 ともあれ、バッハは偉大だ。ただ、もう一度最初から聞いてみようという気には今のところならない。

Photo: iPhone 5s

ちょこちょこ

 午後から母のホームへ。しばらく顔を出していなかったので一言あるかと思っていたがそんなこともなかった。というより、日にちの感覚が怪しくなっているのではと疑わしくなってきた。

 帰宅して、吉本隆明の高村光太郎論を1章だけ読んだり、ブログの写真の修整をしたりと、いろいろなことを何をやっというほどもなくちょこちょこと。

ヨシ原

 妻型の親戚の葬儀でI市まで。かつては車で2時間誓う要したこの土地も4車線の高速道路が全通してから1時間弱で行けるようになった。

 納骨立ち合いのため途中に通った北上川のヨシ原はまだ青々としていたが、時間の流れを超越したような風景はいつ眺めても癒される。

自戒

 金曜日。来週いっぱいで作る予定だった書類がほぼ完成したので、ますます張り合いがなくなった。

 帰りに図書館に寄って「千夜一夜物語」を返却。地下鉄の駅から図書館までの道の前を歩いていたオヤジが歩きたばこを吸っていて、あまつさえ吸殻を路上にポイ捨てした。
 
 これは僕もタバコを吸っていた当時はやったことがあるので大きな顔はできないけど、今時こんなやつがいるんだなあ。というか、それに気づかないからまだタバコ吸っているのかね。

靴の話

 転職してから足が疲れるようになって、家に帰るとふくらはぎが張って寝苦しい日もある。最近、その原因が職場のリノリウムの床が硬すぎるからだとわかった。

 このことを教えてくれたのは、長年看護師をやっていた某ベテラン女性。ぼろい病院にに勤めていたとこいは何ともなかっが、ここにきて足に負担がようになったのだという。

 確かに革靴を履いて一日歩き回るとけっこう「足に来る」感じがしてきた。よって、勤務中は黒のスニーカーを履こうかとネット検索したら、これがけっこうある。そのほか、料理人が厨房で履くものとか、それぞれの職業の悩みを解決する靴があるんだないっぱい。全然知らなかった。

いつから本気出す

 またまた暑い一日。事務室は室温29度の状態なので、昼休みは冷房の効いた図書室で休む。ふう。

 まだやる気が出ないでいる。見込みでは来週から本気を出しても大丈夫なのだが。そう高をくくっているからだめなのか。

 「千夜一夜物語」は1巻目の3分の2くらいまで読み進む。早くも飽きてきたでござる。

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

 欲しいなあと思っていた高倍率ズームレンズ。当初は5万円ほどする新製品を狙っていた。しかしながら、予算ぎりぎりなのと、ちょっと重いのが玉に瑕だった。

 悩みながらネットを検索しているうちに、型落ちの中古品がほぼ半額で出品されているのを発見。その日のうちにポチッとしてしまった。

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

 今日届いたのがこれ。中古の感じは全然しない美品で満足。

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

 EOS9000Dに取り付けると、ちょうどよい大きさだ。手始めは来月のジャズフェスか。撮るぞお。

Photo: Canon PowerShot S120

いずれにしても、まだ

 今日から仕事。朝のバスで一緒になる高校生も昨日で夏休みが終わって、今日から授業のようだ。まだ20日なのに、ずいぶん早いなあ。

 長年の習慣ですんなりと職場の椅子には座った。しかして、仕事をしているふりをしているだけで、まだエンジンがはかかっていない。

 そういえば、最近野球などで「ギアを上げる」という表現が使われる。しかし、ギアを上げるとエンジンの回転数は下がって省力化するのではないだろうか。矛盾しているのでは。あるいは、僕の感違いで、サードギアからセカンドギアに切り替えることギアを上げるというのだったか。

休暇最終日

 9日間の休みを終えた息子を新幹線の駅まで送り、ヨドバシカメラで修理に出していた息子のPCを受け取り、ヤマト運輸の営業所で他急便を出したりした。

 息子ばかりではなく僕も今日で夏季休暇が終わりだ。明日からは仕事だ。どうやって職場に行くのか忘れてしまった。というのは冗談としても、やだな。

定番プリン

プリン

 職場の互助会から支給された図書券が4千円分残っていたので、午後からS駅前に出て、丸善で美術の本を買う。

 昨日、大学院時代の先輩と飲んで話をしていて、吉本隆明の「初期歌謡論」を読みたくなり、本屋で探したけれども売ってなかった。ま、当然か。でも、なぜ"漢字"ではなくて"かな"が残ったのか、ということには興味をそそられるな。

 写真は自宅のお土産用に買った向山製作所の「キャラメルソースプリン」。うまし。

Photo: iPhone 5s

健康診断日和

虹

 今日は健康診断。職場で指定された病院に行って検診を受ける。8時半までに行って10時には終了。昨年までの人間ドックに比べるとあっさりしたもの。。

 午後からは休みを取っていたので職場には戻らず。夕方、大学院時代の先輩と飲み会。5時から9時まで20年ぶりに入った居酒屋でいろいろ話す。去年はメガネを壊すほど酩酊して失敗したので、今回は注意しますた。

 写真は朝、自宅から見えた虹。

Photo: Canon PowerShot S120

墓を参る

 墓参りをしようと思い母のホームに行ったところ、部屋に鍵がかかっていて母は不在だた。施設の人に問合せたところ、今日はデイサービス出かける日だという。

 そう言われればそうだった。木曜日に母のホームに行くことはなかったし、今日は世間的には休みは終わってるんだった。

 やむを得ないので墓参りだけをして帰宅。ふぅ。

ひまわり娘

 帰省中の息子がひまわり畑の写真を撮りたいというので、車で県北のやくらいガーデンまで行ってきた。

やくらいガーデン


やくらいガーデン


 自宅から約1時間半。山間の高原に設けられた公園に植えられたひまわりがちょうど花盛りだった。

やくらいガーデン


 公園もきれいに整備されていて、近くには町の公社が運営している日帰り温泉もある。
ひまわり畑の写真撮影は天気がよすぎて熱中症になりそうなくらいだったが、帰りに温泉に浸かってゆっくりしたらリフレッシュした。

 ここは息子に言われてネットで調べるまで全然知らなかった。県内の施設は大体頭に入っていると思っていたのに、そんなことはないんだな。

Photo: EOS 9000D / SIGMA 30mm F1.4 DC HSM

北京ダック食べ放題

北京ダック食べ放題


 ここ何年か我が家のお盆休み恒例行事となっているホテルの中華ランチに行ってきた。

 今年は「北京ダック食べ放題」ランチコース。

 北京ダックは食べ放題なので、他のメニューは控え気味だけど、どの料理もプロの味でうまかった。特に米をパラパラに炒めてあるチャーハンは絶品。

 今日の主役の北京ダックは一人あたり5本を注文。何も言うことななし。満足いたしました。

Photo: Canon PowerShot S120

500円玉貯金入金

 今日は特段の予定がなかった。

 午前中に銀行に行って貯まっていた500円玉貯金を通帳に入れてきた。硬貨による入金は平日の午後6時までなので、今までできずにいたもの。

 ためた13万6千5百円のうち6万円はブルーレイ・レコーダーですでに使っている。この貯金は使うためにためたものなので、残りも好きなことに使うつもり。今のところは、5万円弱の高倍率ズームレンズが有力か。

連敗の終わり

プロ野球


 今日は今年5度目の野球観戦。なお、僕が球場に足を運んでの観戦は去年の5月から8連敗中である。

プロ野球


 しかして、今日の相手は首位独走中のライオンズ。ホームランの数がイーグルスと比べ一桁多い。嗚呼、これは今日もまた・・・

プロ野球


 けれども、チアのお姉さんもおへそを出して頑張っている。こちらも気を取り直して応援しなければ。

プロ野球


プロ野球


 ゲームが始まってみれば投手戦となり、守備の好プレーも出て引き締まった試合となった。1対1のまま延長線に突入して、イーグルスは12回の表までなんとかしのぎ、この時点で負けはなくなった。

 引き分けの場合は僕の連敗記録は途切れるのか継続するのか、などと考えていたところ、

プロ野球


 12回裏に茂木がまさかのサヨナラ・ホームラン。

プロ野球


プロ野球


 劇的幕切れで、イーグルスが3対1で勝利した。僕の連敗も8でストップ。もしかして、一生分の運を使い尽くした?そんなことは気にせず、うーん、マーベラス。

Photo: EOS 9000D / EF-S18-55mm F4.0-5.6IS STM, F-S55-250mm F4-5.6 IS STM

あらあら

 9連休の1日目。今日は特段の予定はなく、午前中に妻の実家の寺の用事で出かけたのと、午後に息子につきあってヨドバシ・カメラに用足しに行ったほかは家で過ごした。

 夕方からテレビでイーグルス戦を観戦した。5回までに9点を取られる、いわゆる馬鹿試合。明日は球場で観戦する予定なので思いやられる。いや、もしかすると厄払いになったかも。

連休前日

 夏季休暇前の金曜日。今年の休暇は明日から19日までの連続9日間とする予定。

 去年までは職場の遠慮するところもあってここまでの連続休暇は取りづらかった。今年は、もうそういう気の使い方はいらないかなと思うのと、すぐ下のポジションの同僚が先週すでに休暇を取ったこともあってこういうことになった。

 今日は人の移動が多い一日らしく、帰りのバスも道路が混んでいて時間がかかった。途中で図書館に寄って、連休中に手をつける計画の「千夜一夜物語」を借りる。晩に息子が帰省。

up and down

 台風13号の影響はさほどのことはなく、心配していた交通機関の混乱もなかった。
午前中までに切り上げた会議は切り上げなくてもよかったことになる。しかれど、短時間にしたことで内容が冗長にならずにすんだ。結果オーライ。

 月曜日から8月としては寒い日が続いている。こうなると酷暑でもなつかしく感じられるから贅沢なもんである。明日からはまた暑くなるようだ。お盆の長期休みはどうなることやら。

下心あり

 今日も天気悪し。9日に台風13号が最接近するという予報があり、明日の午後まで予定している会議を午前中で切り上げることに決定した。

 加えて、来週の長期休暇をを控えて、切りのいいところまで終わらせるため仕事に集中した。そういうと聞こえがいいけど、キャッチボールのボールを相手に投げてしまって、こっちに返ってくる前に休んでしまおうというわけ。

 それやこれやで忙しなかった。夜は懇親会。

世界はメタファーだ

 昨日の寒さから学習して今日は長袖シャツで出かけた。それでも少し寒いくらいだった。さもありなん、一日の最高気温が20度に達しなかったのだそうだ。8月としては初めての記録とか。

 「海辺のカフカ」はカフカともうひとり、ナカタさんという主人公がいる。彼がまた村上春樹らしいメタファーにみちた登場人物である。今回はナカタさんを中心に読んでみようという気になってきた。

再々読

 台風接近による前線の影響で一日中雨。半袖シャツだと寒いくらいだった。

 読む本がなくなって「海辺のカフカ」を読んでいる。3度目の通読。内容はほぼ覚えているが、やっぱりおもしろい。

 主人公の田村カフカがさくらさんに手で射精してもらうところは、村上春樹の数多い性描写の中でも秀逸な場面だ。何回読んでもいいシーンだなあと思う。

 小説中に主人公が図書館で「千夜一夜物語」を読むところがある。これで僕が次に読む本が決まった。想定外の効用なり。

味来

 ようやっと直売所めぐり。道の駅で旬のとうもろこしを買った後、ブルーべリーファームに足を伸ばして生のブルベリーと贈答用の冷凍ベリーを調達。

Booバーガー

 ハンバーグ・レストランでちょっと早めの昼食をとったのち、アトリエで食材と菓子の買い求める。

とうもろこし

 帰宅してさっそく妻にとうもろこしを茹でてもらった。今年は暑い日が続いたためか、例年になく粒がそろって甘く仕上がっている。よって、夕食前に3本も食してしまった。

Photo: iPhone 5s

昔のお姉さま

 午前、S川内科。いつになく混んでいた。特定検診とやらで昔のお姉さまがたがたむろしていた。

 午後、妻の買い物に付き合って車で市内へ。やまやでジョニ赤が2本2千円で売っていた。この前おいしいと書いたばかりだが、この値段ではありがたみがないというもの。買ったけどさ。

トリュフ塩がくさすぎる

トリュフ塩

 仕事帰りに今流行りのトリュフ塩を買ってみた。

 帰宅してさっそく容器を開けると。うーん、なんというのかこの匂い。正直、トリュフというものを今まで食べたことがないので、これがトリュフ固有の匂いなのかどうかが判らない。

 しかし、人工的な香料由来の感が強く、いい香りとはいいがたい。はっきりしているのはとにかく強烈な匂いということ。

 試しにかまぼこにつけて食してみたところでは、美味というほどではなかった。千円もしたのでもったいないけど、無理して使い続けるもんでもないかあ。

Photo: Canon PowerShot S120

小休止

ノンアル

 暑くてだるいので1時間休みを取った。地下鉄のターミナル駅前の銀行で用足しをした後プロントに入り、ノンアルを飲みながら「悪魔が来りて笛を吹く」を読む。ちょっと合わないけど。

 短い休みを取ってプチ街歩きをして休む、というのを2、3年前はよくやっていた。転職してからは環境も変わったのでやれずにいた。けっこうリフレッシュするので、機会があったらまたやりたいでごんす。

Photo: iPhone 5s
プロフィール

joyce

Author:joyce
還暦をすぎ第二の職場に通う日々。自分では気を使っているつもりでも、妻からは自由人と言われている。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク