モーラス・テープ

 今日はHMさんが夏休みで急ぎの仕事もなく、ひたすら終業時間が来るのを待つ一日だった。

 帰りにY胃腸科外科でモーラス・テープを処方してもらう。診察に2分。薬局で3分。いつもより早く家に帰れた。
スポンサーサイト

いろいろやって疲れた

 レンズにひびの入った眼鏡を新調するため午前中休みを取って、まずN眼科へ。ここで眼鏡用の処方箋をつくってもらう。続いて、眼鏡屋に行って新しい眼鏡を注文。フレームのサンプルをいろいろ見た結果、今とあまり変わらない縁なしの軽量タイプにした。今はもう少しイメチェンをしたほうがよかったかと少し後悔。しかし、これは眼鏡をつくったときに起こる毎度の現象だ。

 眼鏡屋を出たのが11時。昼食にはまだ早いが、こういう機会があったら、かねてから行こうと思っていた蕎麦処「家福」に向かった。

Canon PowerShot S120

 昼時は行列ができるというこの店も、この時間だと客はいない。名物の盛りそば、4枚は縁起が悪いので5枚を注文した。5枚といっても、1枚は3口ほどで食べられる量。でも、5枚はちょっと多かった。しかして、この店のそばとつゆは両方とも僕好みだった。所望再訪。

ブル7

 午前中、審査会。事務局の立場なのに喋りすぎたことを反省。

 午後、メディアテークに寄って、シフのバッハとマタチッチのブルックナー7番。本は東野圭吾にガリレオ8を借りる。

 ブルックナーの交響曲第7番については、こんなに美しい音楽があるだろうかと思っている(特に第1楽章と第2楽章)。通俗的という人もいるが、そんな意見は聞かない。僕的なファイヴァリットはチェリビダッケ、ザンデルリンク、ヨーフム(順不同)。この曲については遅いテンポ好き。

身代わり眼鏡

 先日泥酔した日から眼鏡のフレームがゆるくなったので、眼鏡屋に持ち込んで調整を依頼した。

Canon PowerShot S120

 そうしたところ、なんとレンズのフレームとのつなぎ目部分にひびが入っていることが発覚した。

 あの日以来、まだ尾てい骨が痛い。が、骨折まではしていないようだ。この眼鏡が僕の身代わりになってひび割れてくれたのかもしれない。などと感慨にふけるはずもなく、深い自己嫌悪。いい歳してなにやってんだか。嗚呼。

るろうに剣心

 今年初の真夏日。暑いのでどこにも出かけず家で過ごした。

 録画していた映画「るろうに剣心」を観た。1作目は漫画チックなところが多くイマイチだったが、2作目はおもしろかった。なによりも藤原竜也のダークさがいい。アクションやセットもきちんと手間をかけている。

 そして、主人公を慕いながらかえって足手まといになるお姫様的役の武井咲。僕は常々、この女優さんをもっときちんと使ってあげればいいのにと思っている。この映画はともかくとして、テレビでの使い方がひどい。あんなにきれいでかわいいのに。

 今日は3作目の途中まで観た。

とうもろこし

 午前中、M町の道の駅まで行って、とうもろこしを20本購入。今年は暑いためか、生育がはやい。いつものごとく、たまご舎、アトリエデリスを回って帰宅。

 夕方、息子が出演する吹奏楽のコンクールを聴きに市民会館へ。帰りに中華屋でタンメン+半チャーハン。タンメンの盛りが多くて往生した。

幻の4K

月曜日に夏休みを取ったので、今日から3連休。午前中、N眼科で視野検査。前回と変わりなく、今後も経過観察に。

 急にテレビが映らなくなった。今の液晶TVは2008年製なので、そろそろ寿命が来てもおかしくはない。ついに我が家も4Kテレビかとも思ったが、念のため調べてみるとコンセント・プラグの断線だった。

 午後、コンセント・プラグを買いがてらケーズデンキで4Kテレビを観た。きれいなのは確か。でも、あそこまでの解像度は必要ないかも。液晶テレビを買うときもそう思ったかもしれないけど。いずれにしても、テレビは直ったので当面4Kの必要はない。

懲りない男

 一昨日痛めた尾てい骨がまだ痛い。にも関わらず、今日もまた飲み会だった。さすがに自制したので、飲み過ぎになることはなくバスで帰宅。久し振りに焼き肉を食べたので満足だ。

 飲み会の雑談の中で、去年うちにいた箸にも棒にもかからない男のことが話題になった。その男が担当していた部署にかつていた飲み会のメンバーは「あいつが来るとみんなうんざりしていた」と言っていた。人の評価は同じなんだなあ。

痛飲痛

 朝起きると体のあちこちが痛く、両腕や顔に生傷ができている。昨夜の行動を思い出すと、飲み会のある時点以降の記憶がない。泥酔したのは間違いないようで、体の傷はどこかで転んだせいと思われる。歩くのにも支障があるので朝は妻に車で送ってもらい、なんとか一日を過ごした。

 飲んだメンバーから今日届いたメールによると、飲み会は午後6時から9時までやって、かなり痛飲したらしい。僕が家に帰ったのは10時半ということだから、9時に解散した後の1時間ほどの行動が不明だ。嗚呼。

対立

 HMさんと仕事の問題で意見が対立。最終的には僕が上司なので彼女が引き下がったが、たぶん納得はしていない。

そもそも筋のよくない仕事に関することなので彼女の言うことも判る。しかし、不承不承でもやらなきゃないことはある。それが仕事。

初イタトマ

 定例の委員会が午後までかかる。不毛の議論をただ聴いているのはうんざりだ。

 帰りにイタトマに寄ってからバスで帰る。以前妻が煙草くさいと言っていたので敬遠していたが、そうでもなかった。ドトールほど混んでいないので穴場かも。

舞子はレディ



 周防正行「舞子はレディ

 初めてこの題名を聞いたとき、この監督は当てたなと思った。ただ、もじったのは題名だけではなく、ストーリーもマイフェア・レディをなぞっているのがすごい。

 舞子になるヒロインの素性を周りが気づいていないと思えば、そうでなかったという結末にしたのは立派。しかして、変な言い方だけど、周防正行ならそれくらいはやれると感じさせるところがマイナスにもなりうる。★★★★☆

ないものはない、とはあるということか

 Youtubeでいろいろ動画を観て、気に入ったのをダウンロードして過ごした。原田知世、松たか子、キース・ジャレット、カルロス・クライバーなどなど。なんと、モーリス・ブランショの動画もあったので驚き。ないものはないような感じ(やはりないものはあるが)。

 午後、妻に付き合って三越で買い物。頭の片隅に常に車のキズのことがある。車のことになると、なんでこうなんだろう。

車にキズ

 午前、M区図書館に行って東野圭吾、東川篤哉、皆川博子を1冊ずつ借りる。CDも見たけど、今日はやめとく。

 午後、母のホーム訪問。同行した妻に、今日は母の機嫌が悪かったと言われた。そう言われればそうだったような気もするが。

 ホームに行く際に、車の傷を発見。立体式の駐車場に入れる際にできた傷だ。やれやれ。

やっと金曜日

 午前、監査。今日はほぼ満点の出来だった、かな。ま、あんまり質問されなかったので。物足りなさは全然なく、聴かれないにこしたことはなし。

 長かった一週間も今日で終わり。ふう。

2520

 午後から審査会、明日は監査、それが終われば3連休。それだけを楽しみに生きている。

 新国立競技場の建設費2,520億円。最初は高すぎると思っていた。しかし、デザイナーのザハ・ハディッドの業績を知れば知るほど、あれはちょっとやそっとで生み出せるデザインではないと思えてくる。

 この際いくらかかっても造るべきではないか。そのためにお前も金を出せと言われたら出してもいい。1,000円くらいならだけど。

水曜日

 トップへの説明は10分で終了。あっけなくて気抜けした。この件があったせいで今週は長い。まだ水曜日。

 安保関連法案採決。少し考えれば憲法違反だと判るこの法案を論理ともいえないような子どもだましの説明で通そうとする無神経さに恐ろしさを感じる。いろいろな部分が劣化している。

翻弄される

 午前中、職場のメンバーで分担して全国に電話をし調査を終了。その結果をもとに幹部と対応策を検討する。だいたいの落としどころは見つかったので、明日のトップ会談に臨むのみ。ほんとに振り回される一週間だ。

老化現象

 夕方帰宅すると妻が言うには、今朝僕が家を出てすぐマンションの管理人から電話があって、駐車場に止めてある車の助手席の窓が全開になっていると報告されたそうだ。妻が車に行ってみるとそのとおりで、蜘蛛の巣やら虫やらが入り混んでいたとのこと。

 昨日車に乗ったのは僕だ。郊外の本屋に行ったのだが、初めは窓を全開にして熱気を放出し、冷房が効いてきたところで締めて走った。と、今でも思っている。

 しかしながら、冷静に考えれば、窓を閉め忘れたのは僕以外には考えられない。そこまで考えても、自分の非を認められない、こういうのを老化と言うんだな。と、つくづく思うこの瞬間である。嗚呼。

六月燈の三姉妹



 佐々部清「六月燈の三姉妹

 鹿児島県のPR映画。その割には離婚率が高いことをテーマにするなど、きれいごとだけに終始せずいい作品だった。

 美しい三姉妹を初めとした役者が充実している。長女役の吉田羊が最初のうち存在感が薄かったが、脚本の仕掛けがそうだからで、後半は今注目の女優になったのが肯けるさすがの演技力。一人だけ名前を知らなかったオヤジ役の役者も味があってよかった。★★★★★

風邪のピーク

 喉は痛くなくなったもものの、咳が出始めた。直る兆候とはいえ、一日中眠かった。ソファーに座っていてもウトウトとしていた。今日はその記憶しかない。

トモヨちゃん

 夏休み。

 6日に放送されたCoversの録画やYoutubeのPVを観ていて、原田知世の美しさに改めて打ちのめされた。まだWalkmanに取り込んでいないCDを聴いてみたくなり、所蔵しているI区図書館に行った。

 この図書館に足を運んだのは初めてだ。市内図書館の蔵書やCDはインターネットで検索できるが、画面で検索するのと資料を実際に見るのとは大違い。新たに発見したアルバムが多数あった。検索というのはニュートラルにしているようで、その実自分が知っているものを中心にしか探していないということか。

 原田知世「カコ」、キース・ジャッレット「カーネギー・ホール・ライブ」。ついでに小説で東野圭吾、綾辻行人を借りる。

難題対策

 風邪を引いたようだ。熱はないものの、喉がひりひりし鼻水が止まらない。寝冷えが原因か。

 昨日の難題の対処策をHMさんと検討した。まず必要なのは全国的なアンケート調査。彼女と差しで話をしている、だんだんホワッとした雰囲気になってくるので困る。いや僕は困らないのだけれど。

 調査項目ができたので予定どおり明日は休むことに。7月から9月までの間に5日取れる夏休みのうちの1日目。今年は仕事の都合で9月に休めないので、早めに消化しなければならない。

 アンケートがまとまらなければ明日の休みは取り消すつもりだったが、HMさんの事務処理能力の高さによってその必要はなくなった。またまたホワッとなってしまう。ふう。

難題降臨

 上から無理難題が降ってきて、寝付きが悪かった。上の言うことをきくの簡単だけど、そうすると原則を曲げることになる。それを工夫というのか、打算というべきか、ちょっと難しいところ。

 仕事では最近ずっと楽をしてきたので、これくらいは何とかしなければとも思うが。

負け癖

 暑い一日。

 今日のプロ野球は4回に0対3になり、9回までには0対10になるんだろうなというネガティヴな気持ちが固まってしまった。なので、結果的にホームラン3本で4体3で勝っても全然勝った気がしない。もしかすると相手も負けた気がしないのではなかろうか。

紋切り型ミステリー

 イレギュラーの仕事ができて、対応にやや追われた一日。

 有栖川有栖をほどほどに読む。孤立した島で起こる密室殺人事件という紋切り型のミステリー。複雑な人間模様がないので楽に読める一方、わくわくするほどのおもしろみはない。ドラマ性のある東野圭吾の人気があるのがわかる。

9試合ぶり勝利

 午前中にメディアテークに行って、「マスカレード・ホテル」を返却し、新たに有栖川有栖と歌野晶午を借りる。東野圭吾がおもしろかったので、ミステリーは図書館を利用すればいいと悟ったもの。

 午後からはテレビでプロ野球観戦。楽天イーグルスが久し振りに勝ったので、溜飲を下げる。

マスカレード・ホテル



 東野圭吾「マスカレード・ホテル」読了。

 図書館で借りて読んだもの。警察官の性格描写はやや紋切り型だが、相棒になるホテル従業員の女性は魅力的なパーソナリティだ。読者に気づかせるくらいのトリックをところどころに交えているのもうまい。ただし、本筋のトリックを解明するのはおそらく無理。

炊飯器

 終業後に街に出て酒のさかなでも買って帰ろうかと思っていたら、妻からメールが来て、炊飯器を買いに電気屋に行ったが迷っているの一緒に見て欲しいという。

 自宅の炊飯器は最近調子が悪い。毎日使うものなので、壊れないうちに買うことにしたもの。妻に職場の近くまで車で迎えに来てもらい、ケーズデンキへ。

 電気屋に行く前にAmazonをのぞいて製品の目星を付けていたのだが、売り場で見るとその製品は思ったよりずっと大きかった。我が家のせせこましいリビングには合わない。やはりリアル店舗で実物にあたる必要はあることを悟る。

 結局パナソニックの3万円台の無難なやつにした。今使っている炊飯器とだいたい同じ機能である。それでも炊きたてのご飯は今までよりうまかった。

新装版レズビアン短編小説集:女たちの時間



 「新装版レズビアン短編小説集:女たちの時間」読了。

 ポルノ小説を期待したわけじゃないけど、タイトルと中身が違うんじゃないかな。もしかしたらその気があるのかもしれないものの、レズビアンとまでは言えない程度の小説を集めたもの。

 いつそうなるんだろうと思いながら読んでいると疲れる。ただ、そういう先入観を持たずに読めば一級の短編小説集。
プロフィール

joyce

Author:joyce
ついに還暦を迎えた男
自分らしく生きることに
難儀をすることもなくなったが
残された時間は短い

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク