ベストがこれでいいのかという気がしないでもない

 大晦日。市内中心部のそば屋で年越しそばを買っていたら、妻から電話があって息子の具合が悪いという。どうやら疲れがたまってダウンしたようだ。横浜と東京でライブを連チャンし、新幹線で帰ったその夜に飲み会に出たのでは、いくら若くても疲れるよな。

 そのあおりで、妻の実家でする予定だった年越しが中止になった。僕は自宅で過ごすのもいいと思ったが、妻はむくれている。年老いた妻の両親が楽しみにしていたので当然だな。

 さて、今年も今日で終わり。この一年で読んだ本は45冊、観た映画は37本。本も映画も途中までは調子よく進んだが、最後のほうは失速してしまった。ベストワンは、本がJ.ダイヤモンド「鉄・病原菌・銃」、映画は吉田大八「桐島、部活やめるってよ」。
スポンサーサイト

まだお疲れ休み

 旅行の疲れがまだ残っている。"まだ"というより佳境だ。カメラ・バッグをずっと下げていたためか、肩が張って体がだるかった。

 今度の旅行では、Olympus Pen EP-3に25mm(35ミリ換算で50mm)f1.8の単焦点レンズを付けたものと、補助カメラとしてCanon Powershot S120を持参して、基本的にはEP-3で撮影し、広角と望遠の構図を要する場合にPowershot S120を使用した。

 EP-3の使いごこちはいつもどおりだったが、Powershot S120を初めて本格的に使いこのカメラの特徴が判ってきた。

 簡単に言うと、PowershotはOlympusに比べ色がおとなしく、編集ソフトを使っても完璧には補正できない。大型センサーカメラと比較しても遜色のないカメラだと思うものの、Penの深みにはいまひとつ及ばない。

 ただ、このブログにあげた写真はPenとPowershotの両方で撮ったものが混じっているが、一見したところ違いは判らない。そんな程度ではある。

お疲れ休み

 午後、ホームセンターに行って、蛍光灯を買ったほかは家にいた。

 旅行で撮った写真をPicasaで編集して過ごした。本日は400枚ほど終了。

YOKOHAMA part02

 横浜の旅2日目。

OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8


OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8


Canon PowerShot S120

 今回の旅行では、念願のクラシック・ホテルに泊まれて満足。快適なホテルだった。

 さて、2日目は家族3人で同一行動。当初は東京スカイツリーに行く計画だったが、移動時間的に無理と判断。

Canon PowerShot S120


OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8


Canon PowerShot S120

 よって、まずは近くの中華街で中国式の寺院を見学。質素な日本の寺とのあまりの違いに中国は外国なのだと実感した。

OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8


Canon PowerShot S120

 その後、ランドマーク・タワーへ。69階からはうっすらと富士山も見えた。

OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8

 この時点でお昼を過ぎていたので東京駅に向かうことにし、地下鉄の駅へ。構内は若い女性でいっぱいだった。女性は美しい。

Canon PowerShot S120


Canon PowerShot S120


Canon PowerShot S120

 開業100周年を迎えた東京駅を見学。

OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8


OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8

 昼食は、これも憧れだった東京ステーション・ホテルのレストランでビーフ・カレー。まさしくホテルの味だった。

 食事後、東京にもう一泊する息子と別れ、午後3時の新幹線で帰ってきた。撮った写真は600枚。楽しい旅だった。

YOKOHAMA part01

 一泊で横浜旅行に行ってきた。今回の旅行は、サ◯ンのライブに行く妻と息子にくっついていったもの。僕自身はひたすら横浜の写真を撮るだけの予定という、ある意味贅沢な旅行だった。

 午後2時過ぎ、ホテルに荷物を預けてから妻と息子と別行動となり、早速山下公園へ。

Canon PowerShot S120


OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8

 休暇の初日でもあり、港はたくさんの人で賑わっていた。カメラを抱えた人も多数。

OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8


OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8


OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8


Canon PowerShot S120

 横浜はとにかく写真の撮りどころがありすぎて、時間がいくらあっても足りないくらい。冬は日暮れが早いので時間との闘いだった。

Canon PowerShot S120

 いったホテルに戻り、チェックインをしてから再び港へ。

OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8

 日がとっぷりと暮れて、昼間とは異なったいい雰囲気に。

OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8

 ビル街の夜景もすばらしい。

OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8

 赤レンガの倉庫前にはスケート場がオープンしていた。MISIAのプロモーション・ビデオを思い出した。🎵"you're everything......"

OLYMPUS E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8

 中華街でパーコーメンを食べてからホテルに戻る。コンビニで買った"竹鶴"。初めて飲んだけれど、値段の割りには極めて美味し。

 翌日に続く。

白熱電球とLED電球

 昨日、自宅の廊下の白熱電球が切れそうだったので100円ショップで2個100円の電球を買って付けたら、なんだか暗い。妻も息子もそう言うので、僕の思い込みではなく、実際そうなのだろう。

 前にも100円ショップで電球を買ったが、その時はパナソニックの製品と遜色はなかったので、それ以降に品質が落ちたのだろう。もうパナソニックの白熱電球は売っていないので、この次はLEDにするしかないと思いAmazonで検索したら、今や60W型のLED電球は1,300円しかしないんだね。しかも、レビューを見ると、今は白熱電球と同等の明るさらしい。うーむ、いつの間にこんな。

She rested tired.

 HMさんがダウン。職場では自分の担当業務のほか、無能な男の仕事を肩代わりして、自宅では家事から育児までやっているのだから疲れるのは当然。彼女の仕事を軽減してあげたいところだが、いろいろ事情があってそうできない。それなのに、なぜ無能なやつのほうの仕事は軽減しなければならないのか。世の中は変だ。

 午後から2時間休みを取ってS川内科に。高血圧の薬が1月3日で切れるので、明日は行事があって早退できないし、明後日は横浜に行くので、今日にしたもの。平日の午後でもけっこう若い人がいた。

クリスマス・ケーキ

iPhone Camera

 写真は、我が家でクリスマス用に買って食べたケーキ。

 Amazonのマーケットプレイスで古本を買った。これがひどかった。表紙がすっかり日焼けしていて、折り目が切れプラプラしている。

 送料抜きで7円の商品だから、読めればいいというレベルだし、文句を言うべきではないかもしれないが、これまでは1円でももっといい本が送られていたのでがっかりした。これからは気をつけなければならないな。

バウドリーノ



 ウンベルト・エーコバウドリーノ」読了。

 最後はミステリー仕立てになっているが、基本的にこの小説は謎解きでものはない。では何かと考えると、何だろう。キリスト教の歴史や聖杯とか聖遺物に対するリアリティ感がないと十分な理解はできない、ということは判ったが。

 他のエーコ作品と比べると、うんちくが長々と語られないので読みやすくはある。翻訳が自然な日本語になっていてすばらしかった。

最高の癒やし

 連休の中日。有給休暇を消化したかといえばさにあらず、今日は我が職場の忘年会だった。

 分室も含めるともともと女性の数が多いセクションなので、女性に囲まれて楽しい会だった。特に、偶然ではあるが、僕の左隣には秋田美人のSM嬢、右には才色兼備のHMさんという贅沢な席配置はうれしかった。パンツ・スーツ姿のHMさんの膨らみのない股間を見ることができて、1年を締めくくる最高の癒やしになった。

 帰りは雪がちらついていた。

21世紀の衝動買い

 午後から、実家に帰っていた母の様子見。元気だが、話すことが前とまったく同じ。ホームにいても耳が遠い人ばかりで、会話の機会がないのだそうだ。母が入所しているのは福祉施設ではないので、話し相手をするまでの職員はいないしなあ。週日1度デイーサービスに行くようになったというので、せめてもの気晴らしになるか。

 午前中テレビで紹介されていた。ピケティの「21世紀の資本」を読みたくなって、アマゾンやヨドバシなどを見たら品切れの状態。図書館の貸出状況は、予約が17件も入っている。こうなると無性に欲しくてたまらなくなり、結局エルパカで"在庫あり"を見つけて買ってしまった。5,940円。くうっー。

年末進行

 午後、思い立って床屋に行く。今日もお気に入りの女性理容師に当たらず無念。帰りにM区図書館に寄って、佐伯一麦「日和山」、CD2枚(グルダのベートーベン・ピアノソナタ)を借りる。

 夕方、年賀状を印刷。あとは、何枚かに手書きのコメントを入れるだけ。

ふぐを食す

Canon PowerShot S120


 今年の忘年会2回目。初めて入った店だったので、どんな料理を出すところなのか全然知らなかったが、"ふぐ"だった。刺身、鍋、唐揚げ。"とらふぐ"じゃなくても(予算を知らないけど、たぶん)、美味でありました。

 写真は呑む前に撮った光のページェント。

風呂をうめる

 初積雪。今日もどこにも寄らずにまっすぐ帰宅。

 今日は風呂のお湯を張る給湯器の操作を間違え、60℃のお湯を湯船いっぱいにためてしまい。水で冷ますのがたいへんだった。何かに気を取られていたわけではない。まさしく老化。嗚呼。

憎まれて死にたい

 雪がちらつく寒い一日。初めてブーツを履いて出勤した。去年より1か月早い。やはり今年は寒いんだ。

 引退会見で「憎まれて死にたい」と言った政治家がいるようだが、この御仁が「憎まれている」と自覚していたことに驚き。それはさておき、この発言によって、この人は本心では憎まれたくないんだな、ということが判った。

教会カンタータ制覇

Canon PowerShot S120

 ついに完結。バッハの教会カンタータ全曲聴取プロジェクト。全189曲にしてCD60枚。今日、最後の曲を聴き終えた。今年の5月14日にメディアテークから1枚目のCDを借りてから7か月を要したことになる。

 バッハの音楽は、聴いていて全然飽きない。音楽の専門的なことは判らないが、すべてを神に捧げているからか、自分が前面に出ていないところは理解できた。バッハに比べると、モーツアルトでさえ"小うるさい"と感じることがある。

 まずはめでたい。後は世俗カンタータが何曲かあるが、演奏者が違うし、いずれまたの機会に聴くことにしよう。

光のピージェンコ

Canon PowerShot S120
 今年も始まった光のページェント。大勢の人で賑わっていた。

Canon PowerShot S120
 通勤バックに入れて持ち歩いているPowerShot S120を使って撮影。三脚がなくてもなんとか撮れるのはレンズが優秀なゆえ?

Canon PowerShot S120

Canon PowerShot S120
 今日は買い物で通りかかった"ついで撮り"だったので、Olympus Penも持って改めて撮ってみたい。

住所書き

 午前中、衆議院選挙の投票。

 午後、気になる女優さんがいたので、ネットで出演作の動画をずっと探したら、やはりどこかにはあるもんだね。ダウンローダーを使い、ありがたく保存させていただいた。

 夕方、年賀状の住所書き。70枚弱を1時間15分で終了。これで年末はゆっくりできるか。どうだ、どうなんだ。

障子貼り

 天気予報では雪が積もるはずだったものの、それほどでもなかった。

 午前中、年末恒例の障子貼り。午後、ちょっとした買い物。買い物には、行かなくてもよかったのだが、一日中家にいるのも嫌なので、ホームセンターに出かけたもの。

乃至(ないし)

 午前、午後と大きな委員会が2つあって慌ただしい一日だった。午前中の委員会が無事に済んだことによって、今年の気を遣わなければならない仕事は終わった。

 ところで、僕はこれまで、「ないし(乃至)」という言葉は「又は」と同じ意味だと思っていた。例えば、「2ないし5」というのは「2又は5」という意味で使っていた。

 ところが、本日、仕事の関連で知ったところでは、乃至とは始まりから終わりまでと示す言葉で、「2ないし5」は「2から5まで」、すなわち2,3,4,5を意味するのだという。(ただし、国語辞典によれば「又は」という用法もあるそうだ。)

 それでも、還暦近い今になるまで、特に困ったことはなかったが。たはは。

干支つながり

 同じ干支生まれの会の飲み会。6時から9時まで3時間。長かった。

 今日の飲み会は、僕と同じ年生まれが大半で、一回り上の世代と下の世代が若干名という構成。話をしていると、同い年の人間は同じような発想をするもんだとつくづく思った。

おじいちゃん

 メディアテークでCDを借りるときに利用者カードを出したら係員の女性がけげんな顔をしている。さもありあん、僕が出したのは利用者カードではなくて保険証だった。
 
 2枚ともサイズが同じで色が似通っているとはいえ、いかにもジイサン的な間違いである。最近この手のミスが多くて、いささか参っている。

ダルマおやじ

 このところ朝寒くて目が覚める。

 新しいコートにダウンの裏地を付け背広の上から着るともっこりとしてダルマのようになる。もう少し痩せている人用のコートだったか。失敗したかな。

非-暖房

 職場の椅子に座っていたら、なんだか寒くて体がぞくぞくする。さては風邪をひいたかと思ったらそうではなく、単に気温が低くて寒いのであった。暖房入れてよ。

 今気がついたんだけど、ウディ・アレンが出演しないと自虐性が出ないんだよね。真面目になればなるほど、周りには滑稽に見えるとか、そういうところが。

last chance

Canon PowerShot S120

 息子の部活の定期演奏会に行ってきた。

 大学に入ってから年に2回ずつ演奏会があったから、今回で10目回。そのほか、小規模なアンサンブル演奏や高校時代のものを含めればその倍はあった。よく通ったもんだ。

 息子が出演するのはたぶんこれが最後だろう。と、去年の演奏会の際にも書いたような気がするが、(おそらく)本当に今年が最後。感無量なり。

人生万歳!



 ウディ・アレン人生万歳!

 ウディ・アレンが役者として出ないアレン映画はなかなか難しいと改めて認識した作品。主人公が偏屈なインテリを演じれば演じるほど、アレンだったらおもしろかったのにと思ってしまう。この映画の役者が下手なのではなく、誰がやってもそう感じるだろう。

 しかし、どういうわけか最後の20分は急にテンションが上昇する。ヒロインの保守的な父親が突如ゲイを告白するシーンでは爆笑してしまった。よって、★★★☆☆

横浜たそがれ

 息子が申し込んでいた年末のライブに当選し、妻と一緒に横浜まで聴きに行くという。なので、僕もついて行くことにした。僕はチケットがないのでライブには行かないのだが、横浜見物ということで。

 横浜ばかりか、県外に行くのは何年ぶりだろうか。いくらなんでも無精すぎるのでは。

和洋併存

Canon PowerShot S120

 仕事帰りにメディアテークでCDを2枚借りる。

 メディアに行く途中にある店。イタリア料理屋と和風居酒屋が仲良く並んでいる。こんなに暗くて寂しそうでも、まだ6時前。

おじぞうさん

iPhone camera

 福祉施設の作業所で作られたお地蔵さんの置物を買った。なかなかいい"お顔"で癒やされまする。

 この時期のお地蔵さんといえば、昔話の「笠地蔵」だ。どんどこ、どんどこ。

いちょうのじゅうたん

 真冬並みの、冷たい風の強い日。そのため、

Canon PowerShot S120
 先週の金曜日に通りかかったいちょうの木。葉に少し緑が残っていたので、すっかり黄色になったらまた写真を撮ろうと思っていたら、

Canon PowerShot S120
 今日はもはやこんな状態だった。

Canon PowerShot S120

 けれども、地面はいちょうの絨毯で風情がある。とはいえ、この店の人は掃除がたいへんだろうな。
プロフィール

joyce

Author:joyce
ついに還暦を迎えた男
自分らしく生きることに
難儀をすることもなくなったが
残された時間は短い

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク