Yの悲劇



 エラリー・クイーン「Yの悲劇」読了。中学生くらいのときに読んだ推理小説の再読。筋立ては忘れていたが、犯人はちょっと覚えていた。一癖も二癖もある登場人物、見当外れの捜査をする警察、謎解きを小出しにする探偵。ああ、古典。今のミステリの大半はこの作品のヴァリエーションなんだろうなあ。
スポンサーサイト



プロフィール

joyce

Author:joyce
還暦をすぎ第二の職場に通う日々。自分では気を使っているつもりでも、妻からは自由人と言われている。

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク